HOME > 取り組み

福岡糸島の食材で被災地支援
【コシラエルJAPAN】運営

DSC_1136.JPG

これまで、福島に野菜を送り、熊本に絵本を届けるという活動をしてきました。
次の展開は、トラックをキッチンカーに改造したもので、被災地にかけつけ温かい食事を提供する、というものです。
メニューはフィッシュバーガー、フライドポテト、メンチカツ、場所によってホットドックも可能です(保健所により)。

◆目的1:糸島の美味しいもので復興の後方支援をしたい
◆目的2:糸島の水産業界のPR、食材のPR

◇資金1:香の宮の売上利益の一部を寄付
◇資金2:ご厚意で寄せられる寄付

被災地支援をする為に、営業もします。
企業さんや行政からの買取りイベントを中心にできたらと思います。お声かけください。

最新情報はFacebookで

福島第一原発爆発事故被災者支援活動
【糸島しましまプロジェクト】運営

image_csr01.jpg

2012年10月より、子どもに少しでも安全な野菜を食べさせたいと願う子育て中の家庭やグループ、団体へ、規格外野菜をメインに善意で寄せられたお福分け野菜や手作り食品などを贈る活動をしています。
毎週月曜(祝日除く)を発送日と決め、2015年3月で100回を超え、7月現在で117回となりました。
今後も定休日を利用して、活動を続けていきたいと思っています。

尚、活動は続いていますので、野菜はいつも募集しています。
家庭菜園で採れ過ぎた野菜、実家から大量に送ってきた食材、など持て余してしまった時は、是非ご提供ください。見返りは特にありません。
でも、たくさんあるものは、分けれるだけ分けたらいいと思いませんか?

最新情報はFacebookで

電源不要!微生物浄化型エコトイレ設置
【エコロンシステム】

image_torikumi01.jpg

今まで、手づくり体験のお客様、畑仕事のボランティアなどの来客者には、自宅のトイレを貸していましたが、不便な為、屋外に設置したいと考えるようになりました。
現在使用している自宅の合併浄化槽は、微生物に酸素を送るために24時間電気が必要で、業者のメンテナンス代を入れると、年間で10万円のコストがかかっています。
そんな時に出会ったのが、電源不要で微生物の世話も不要、繁忙期や閑散期の使用頻度に関わらず安定したパフォーマンスで働いてくれるというエコロジーコロンブス福岡の「エコロンシステム」でした。先日、設置が完了しましたので、その模様など追ってUPします。

詳しくはこちらに書く予定

「ミツカン水の文化センター」での、エコロジーコロンブス福岡の冨安社長のインタビューが分かり易いです。

詳しくはこちら

熊本地震子育て支援
【幸せの黄色い絵本カープロジェクト】運営

13263674_816065371862695_3720247781671346760_n.jpg

2016年4月の熊本地震直後の5月。
宮城県で東日本大震災の支援活動で活躍していた、絵本カーをお預かりし、熊本へ訪問する活動をはじめました。全国から寄付された絵本を積み、主に保育園や幼稚園に訪問。一人1冊ずつプレゼントするシステムで、絵本を与えられるのではなく「自分で選ぶ」ことを大切にした活動です。

2017年7月の北部九州豪雨での被災地である朝倉や日田にも訪問しています。
絵本は、名前の記載や汚れ・破れのない「新品」「美品」のみ受け付けております。
絵本の寄付や運営費のカンパも大歓迎です。お声かけください。

最新情報はFacebookで